Archive for 5月, 2018

弁護士バッジに隠された意味とは

日曜日, 5月 27th, 2018

士業に携わるようになると、特定のバッジを着用する必要がでてきます。
これは弁護士も同じであって、仕事をする時は、指定されているバッジを着用する必要があります。
ドラマなどでも登場するので、弁護士バッジを一度は見たことがあるという方も少なくないでしょう。

では弁護士バッジをじっくりと見たことがあるでしょうか?
金色のバッジというイメージしかないという方も少なくないでしょうが、弁護士バッジは大きく分けると2つのモチーフから来ています。
まずは、ベッジの中央には天秤が描かれています。
通常、天秤は重さを合わせるために使用される道具であり、左に分銅を置き、右側に物を置いて釣り合うようにします。

つまり天秤は公正さというものを強く表しています。
弁護士の人が、公正という感覚を忘れてしまった時に、法は弱者を守るものではなく虐げるものへと変化してしまうでしょう。
ですから弁護士はバッジの表す天秤の意味を忘れてはなりません。

もうひとつのモチーフになっているものは、向日葵です。
どんな時間であっても、向日葵は太陽に向かってまっすぐに伸びていきます。
この正直さ実直さというものを向日葵は表しているのでしょう。