DVD制作のメリットはここにも!

楽器演奏や曲づくりが趣味の私は、その昔、音楽関係のセミナーによく足を運んでいました。
あるセミナーでは、レッスン風景を録音したカセットテープが流されましたが、思わぬハプニングが起きてしまいます。
テープの再生途中で、テープがカセットデッキに絡みついたのです。
幸い、テープは無事でしたが、カセットテープでこういうトラブルはよくありますよね。
その後、CDが普及してからは、カセットテープが持つ課題は克服できました。
もちろん、CDに傷を付けないように扱うことはいうまでもありません。
このような事例は、ビデオテープとDVDの関係にも通じるのではないでしょうか。
また、ビデオデッキの生産が終わった関係もあり、DVDに関心を持つ人が増えることが考えられます。
やはり、大事な記録はDVDに残すと安心!
そのためには、DVD制作方法を考えることも大事なポイントになります。
パソコンにソフトを入れて、自分でDVD制作することもできますが、専門業者に依頼したほうがよいかもしれません。
DVD制作会社にはいろいろなプランがあるため、用途に応じて選ぶことができます。
ケースやジャケット、レーベル印刷など、細部にこだわれるのも嬉しいですよね。

Comments are closed.