歯列矯正の必要性を考える

20年以上前、あるセミナーで歯並びについて聞いたことがあります。
そのときのテーマは「歯」に関するものではなく、講師も歯科医師ではありませんでした。
ただ、セミナーのなかで、インスタント食品と顎の発達に関する話がでてきたのです。
その講師の話を要約すると、インスタントラーメンが誕生した後に生まれた人は、顎の発達がよくない傾向がある、というものでした。
ちなみに、私はそのインスタントラーメンと同い年ですが、どちらかというと顎は発達していると思います。
ただ、私は童顔のため、実年齢よりは10歳ほど感じられたのでしょう。
実際、セミナー受講生のなかでは若かったため、浮いていたのかもしれません。
講師の先生と目が合ったのを思い出します。
その後、顎の発達について考える機会が増えました。
また、甥が歯列矯正を経験したことからも、その必要性を感じる機会もありました。
やはり、歯並びがよくないと、いろいろな面で弊害が起きてしまいます。
そうならないためには、時期をみて歯列矯正をするのもよいかもしれませんね。
歯列矯正に迷っている人は、矯正歯科で相談してはいかがでしょうか。

Comments are closed.